業務案内

市川市の株式会社関東機工は、山留工事・既存杭引抜工事・桟橋工事・各種杭打ち抜き工事を関東一円で手がけている施工会社です。平成27年創業と若い会社でありながら、弊社が誇る高い技術力と迅速なスピードには厚い信頼をお寄せいただいております。またさまざまな協力会社さまとの太いパイプを活かし、主力業務以外のご依頼にも柔軟に対応いたします。

「現場づくりの仕事人集団」として、私たちはこれからも研鑽と実績を重ねてまいります。

山留工事

地面を掘った際、ほかのエリアに土砂が流れ込まないよう、周りを固めて留める工事のことを「山留工事」といいます。特に地下工事の場合は必ず必要となるもので、さまざまな現場で役立てられています。
この工事では、工法が不適切であったり、確認が不十分であったりすると、事故の発生や工期の遅れを招く原因となりますので、現場の状況や環境によって、使用する機材や工法を柔軟に変えて施工する必要があります。

既存杭引抜工事

建物の建て直しや解体を行なう際、地中に残っている杭を引き抜く工事が「既存杭引抜工事」です。
杭の場所は建設当時の設計図からおおよその場所を読み解くことができますが、長い年月を経て実際の場所がずれている場合もあります。少ない手間で確実に杭を発見するためには、豊富な経験に裏打ちされた職人の勘が必要です。
また引き抜き作業においては安全への配慮を徹底し、繊細な作業で行なわなければなりません。

桟橋工事

「桟橋」とは、建築現場に平らな作業場が確保できない場合などに、仮設の資材置き場や作業場として使用できるヤードのことで、その設置および解体のための工事を行なっています。
傾斜のある山や川沿いなど、さまざまな条件のなか、地形を活かして臨機応変に設置する設計力が欠かせません。また安全かつスムーズな架設および解体を実現するためには、緻密な工程管理や現場の統率が必要となります。

ダウンザホールハンマー工法

ダウンザホールハンマー工法とは、従来の削岩機と同様に高圧コンプレッサーからのエアーでシリンダー内のピストンを往復運動させ、超硬ビットに打撃モーションを与え、硬い砂利層や玉石、岩盤などを破砕することができます。
破砕された掘屑はエアーブローによって地上に排除されます。

弊社ではクローラー吊下げ式ダウンザホールハンマーによる施工を得意としております。
クローラー吊下げ式での工法は足場より遠く離れた場所にも的確に施工が行なえます。

各種杭打ち抜き工事

親杭・シートパイルといった山留杭の打ち込み・引き抜き工事や地中に残っている杭を引き抜く工事を手がけています。
現場の状況や環境に応じて使用する機材や工法を柔軟に対応する必要があります。
また、各種作業においては安全への配慮を徹底し繊細な作業を心掛けております。

保有施工機械一覧

種別

能力

サイレントパイラー

SA-75

     

AT-90

         

ECO-100

     

F-101

クラッシュパイラー

ECO-400S

アボロン

25t

ラフター

16t

     

25t

タイヤ式バックホウ

0.7㎥

     

RX-2000-2

エンジンウエルダー

     

オーガーモーターAG-4000

トルク4t

     

SKH-50

油圧式バイブロハンマー

高周波杭打機HHV-07S

     

超高周波杭打機PAL-10D

建柱車

DT-620